自分でも占える魅力がタロット占いにはある!

7月 7th, 2016

タロット占いはどんな占い?

Posted by パワース in

タロット占いとは、タロットカードを使って占う占い方法です。
では、具体的にどのような占いなのか紹介していきます。

タロット占いについて

まずタロット占いで用いられるカードは、全部で78枚のカードがあります。
78枚のカードのうち22枚のカードは、大アルカナと呼ばれ、残りの56枚のカードが小アルカナと呼ばれるカードです。

大アルカナの絵柄は、愚者、魔術師、女司祭、女帝、皇帝、司祭、恋人、戦車、力、隠者、運命の車輪、正義、吊るされた男、死、節制、悪魔、塔、星、月、太陽、審判、世界から成り立ちますが、意味合いとは絵柄とイコールしているわけではありません。

例えば「死」なんてカードが出れば死期が迫っている、よくない事が起こりそうと思うかもしれません。
ですが、必ずしもそういう死を連想する意味ではなく、「すべてのものごとを新しくする変容の原理」という意味になります。

他にも「恋人」のカードが恋愛運や結婚を意味しているのではありません。
タロットカードで恋人のカードは「選択をするための機会」という意味で、人生の岐路にたった時に現れるカードです。

タロットカードの絵柄の意味

これらのタロットカードをシャッフルし、カードをめくっていきます。
1枚1枚のカードの絵柄によって意味が異なり、また同じカードであっても向きによって意味が変わってきます。

また同じカードを引いた場合でも、占い師によって意味の解釈方法が異なるため、タロット占いでよく当たる占い師とは、カードの解釈方法がスバ抜けていると言えるでしょう。

Comments are closed.

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

  • Monthly

  • メタ情報

    • Subscribe to RSS feed